シミ用の化粧品について書きますが、ファンデーションのようにシミを隠す化粧品ではなくシミを薄くするために使う化粧品についてです。
「化粧品なんかで本当にシミが薄くなるの?」という疑問が浮かぶかもしれませんが、ネットで調べてみた限り同じ商品でも「薄くなった」という意見と「変化なし」という意見が混ざっていて、私の個人的な意見としては「過度な期待はしない方がいい」という結論に至りました。

そうなると今度は「だったら使う意味がないのでは?」という意見が出てくるかもしれません。
シミを薄くする手段というのはそんなに数多くあるわけではなく、化粧品以外だと専門のクリニックでレーザー照射を受けたり、病院の皮膚科の薬頼りになると思います。
しかしそれらの方法に抵抗がある人も少なくないはずです。
怖いとか料金面の問題だったりいろいろと不安があるはずです。
「そこまで深刻にシミに悩んでいるわけではないけど、薄くなったらうれしいなー」くらいの人はとくにそうだと思います。

シミ用の化粧品はそういった人が自分だけで気軽に試してみる分にはアリだと思っています。
もし少しでもシミが薄くなれば成功ですし、ダメならダメでレーザー治療を本格的に検討すればいいわけですから。
何もせずにただ悩んでいるよりかは試してみることに意味はあると思います。

シミを薄くするために使う化粧品には大きく分けて2種類あります。
ハイドロキノンが配合されている化粧品とそうではない化粧品です。
ハイドロキノンは昔は化粧品には使用できないように規制されていましたが、今は規制が緩和されて多くのシミ用化粧品に配合されています。
しかし、過去に規制されていただけあって肌への影響は強いので使用上の注意を必ず守る必要があります。
肌に合っていないのに無理に使い続けたり、使用上の注意を無視して使うと白斑という肌の色が抜ける症状が出ることもあります。

使用上の注意として、例えばハイドロキノン配合化粧品を使用している期間中は、いつも以上に紫外線に対するケアを心がける必要があります。
日傘や帽子、日焼け止めを使って紫外線をカットするということです。
また、昼間にシミ用化粧品を塗って外出するのではなく、自宅に帰ってきてから紫外線の弱くなった夜に使った方がいいです。
室内にいても紫外線の影響はありますからね。

「まずはハイドロキノンが入っていない化粧品を試してみたい」という人は下記のサイトで紹介されているブライトニングフォーミュラを試してみてはどうでしょうか。
http://xn--t8j4aa4n6jiiv30tv1cpw8j.com/
(シミ 化粧品)